バツイチ男性の再婚は難しい?幸せな再婚のための方法

バツイチ男性の再婚は難しい?幸せな再婚のための方法

「バツイチになってしまったけど、また再婚したいな…」「バツイチ男性の再婚は難しいと聞くけど、実際はどうなんだろう…?」

バツイチ男性の再婚と聞くと、なかなか難しいと思ってしまう方も多いかもしれません。

そこで当記事では、バツイチ男性の再婚が難しいと感じる瞬間や、バツイチ男性との再婚に躊躇いが少ない女性はどんな人か、ご紹介していきます。

ぜひ最後までお読みいただき、「バツイチ男性でも再婚は難しくない!」ということを実感していただき、再婚に向けて一歩踏み出すためのヒントを掴んでみてください。

目次

バツイチ男性が再婚は難しいと感じる3つの瞬間

バツイチ男性が再婚は難しいと感じる3つの瞬間

バツイチ男性が再婚が難しいと感じる瞬間はどんな時なのでしょうか?

具体的にいくつか見てみましょう。

出会いの場で敬遠されてしまうとき

とあるアンケート結果によると、20代ではバツイチに対して少しイメージが良くないそうです。そのため、若くして離婚した場合は同年代との出会いの場では敬遠されてしまう可能性も大いにあり得ます。

また、離婚したての頃は特に、離婚理由をよく知らない周囲の人からは風当たりが強いこともあるかもしれません。本当に理解してほしい人には離婚理由をしっかり話すなど、理解してもらうための行動を意識的にとる必要があるでしょう。

参考:corp.allabout.co.jp/files/2014/05/140529_01.pdf

生活に精一杯で婚活する時間がないとき

子どもの親権を持っていて、子育てと仕事を両立している場合には、生活に手一杯で再婚のことを考える余裕はないかもしれません。

朝起きて、朝食を作って、ゴミ出しをして、子どもの身支度を手伝って、子どもを保育園に送り出して、自分は仕事に向かう…という朝の忙しさ。

仕事が終わらないから子どもの延長保育の連絡をして、何とか仕事を片付けて、満員電車に乗って帰宅して、夜ごはんを作って、子どもをお風呂に入れて…。なかなか寝ない子どもを寝かしつけて、気づいたときには一緒に寝落ちしてしまう…という夜がやってくる人も多いでしょう。

子どもと一緒に日常生活を送るだけで精一杯なのです。婚活をする時間をどうやって捻出してよいかわからない、それどころかそんな気持ちにならない、と思ってしまうのも当然のことです。

経済的に厳しいとき(養育費の支払)

前妻のもとに親権があり、子どもの養育費の支払をしている場合は経済的に余裕がなくなってしまっている場合があるでしょう。

養育費は月々一定額を支払い続けなければならないため、自分の生活費を捻出するのに精一杯で、貯金もなかなかできないかもしれません。

「再婚してもやっていけるのだろうか…」と不安に思ってしまう瞬間もあるはずです。

経済的な不安を払拭できない状態では、なかなか婚活をする気持ちも、再婚をしたいという気持ちも生まれてこないものです

【再婚が難しいと感じているバツイチ男性向け】再婚に前向きな女性の特徴3選

【再婚が難しいと感じているバツイチ男性向け】再婚に前向きな女性の特徴3選

残念ながら、女性の中にはバツイチ男性との再婚に抵抗がある方もいらっしゃいます。

一方で、バツイチ男性に抵抗がない女性であれば、再婚に向けても前向きに検討してくれることが多いでしょう。

それでは、どんな女性がバツイチ男性に抵抗がないのでしょうか?具体的に解説していきます。

子どもがいることを受け入れてくれる女性

子どもがいる場合は「子どもがいることを受け入れてくれる」女性がおすすめです。

バツイチとの再婚を躊躇う理由の第1位は「お相手に子どもがいること」。もし仮に「子どもがいても大丈夫!」という女性と出会うことができたら大チャンスです。

もちろんお互いに好意を持つことが前提となりますが、うまく関係性が築けた場合には、再婚を検討することも難しくないかもしれません。

経済的な余裕を重視しない女性

バツイチの男性には、「経済的な余裕がなくても大丈夫!」「貯金もそれほどなくて大丈夫!」という女性もおすすめです。

女性の中には、バツイチ男性に経済的余裕がないイメージを持っている人も多くいます。「経済的な余裕がない」ことも、バツイチとの再婚を躊躇う理由として多く挙げられます。

もしあなたが経済的には特に不安がない、という場合は別ですが、自分でバリバリ働いて稼いでいる女性は、あなたの経済力をあまり気にしない可能性があります。

逆に専業主婦希望の女性は、あなたの経済力をかなり重視するものと想定しておくのがよいでしょう。

「再婚後もお互いにバリバリ働こう!」と思ってくれるような女性となら、再婚を目指したお付き合いがスムーズに進むはずです。

30代以上の落ち着いた女性

ある程度の年齢、特に30代以上の年齢の女性がおすすめです。先にご紹介したアンケートでは20代の女性は特に再婚に対して比較的良いイメージを持っていません。

一方、40〜50代の女性は、再婚に対してイメージが良くないと回答している割合が最も少ないのです。年齢が上がるにつれ、再婚に対するイメージは改善されていきます。

なかなか再婚に繋がる出会いがない…という場合は、同年代の方だけでなく、少し年上の方とのお付き合いを考えてみるのも良いかもしれません。

再婚が難しいと感じているバツイチ男性の注意点

再婚が難しいと感じているバツイチ男性の注意点

そうは言っても、バツイチ男性と実際に再婚となるとやはりお相手の女性が躊躇してしまう…ということも多いと思います。

そんな時、バツイチ男性はどんな点に注意しておけばよいのでしょうか?

子育ての負担を押し付ける気がないことをアピールしよう

子どもがいる場合、「子育ての負担を押し付けるつもりはない」「自分がしっかり子育てをする」ということをアピールしてみましょう。

「この人は母親を探しているだけなのではないか?」と思われないよう、「あなたが好きだからお付き合いがしたい」と伝えることが重要です。子育てには協力してくれたらうれしいけれど、自分がきちんと責任を持つ、ということもしっかり伝えましょう。

多くの女性はいきなり子育てをすることになると抵抗感を感じてしまいます。一緒に子育てをしても大丈夫だと思ってもらうのはなかなか難しいことです。それでも、お相手の女性が不安を抱かないよう、しっかりと気持ちを説明して理解してもらうことが必要です。

前妻との関係性は最低限に保とう

多くの女性は前妻の存在が気になって再婚を躊躇ってしまいます。

子どもがいる場合、養育費や面会のために前妻とのやりとりがある方も多いかもしれません。前妻とのやりとりは最低限に抑え、事務連絡のみを行うようにしましょう

事務連絡だけでも嫌だという女性も多いと思いますので、前妻には未練がなく本当に事務連絡だけなのだということをしっかり伝えることが重要です。

離婚を乗り越えて良い人生経験にしていることをアピールしよう

「離婚をしているのだからきっと何か問題がある人なのだろう…」という理由でバツイチとの再婚を躊躇う女性も多いです。離婚の原因をよく理解して、悪かった点は直しており、今ではそれを糧にして良い人生経験だったと思っているということをアピールしましょう

仮に自分に悪い点がない離婚だったとしても、離婚を乗り越えて自分では気づかないうちに人間性に深みが出ているかもしれません。

離婚のことを必要以上にネガティブに語るのではなく、しっかりと乗り越えて、今はポジティブな気持ちになれているということをお相手の女性に伝えておいた方がよいでしょう。

あわせて読みたい
シングルファザーの再婚について最低限知っておくべき5つのこと 「男手一つで子ども育てるのは不安…」そう思ってこの記事にたどり着いたのではないでしょうか? 近年、離婚者が増加し続けシングルファザーとして子育てをしている人も...

まとめ

バツイチ男性でも、お子さんがいる場合や養育費など金銭的負担を抱えていない場合は、バツイチと独身とでそれほど女性からの受け止められ方に違いはありません。一方で、お子さんがいらっしゃる場合には女性から再婚を躊躇われるケースも残念ながら多くあります。

お子さんがいらっしゃる場合にも、お相手の女性に子育てや金銭的負担がかからないよう配慮できれば、再婚相手との出会いの幅も広がってきます。

なかなか難しいことですが、この人だ!という方が見つかった場合には、ぜひこちらの記事を思い出していただき、再婚に向かってがんばってください。応援しています!

【PR】おすすめの結婚相談所サービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる